UML

UMLはコミュニケーションを助けるが、弊害もある

UMLは文法が難しくないので、入門書を一通り読めば、誰でも簡単に書けてしまう。このため、実際にはUML図の雰囲気を知っているだけで、正しい文法や語彙を使えていないとか、UML図を書いただけで設計したつもりになってしまうということが起こりがちだ。

僕は日頃から、UMLを、要求分析や設計をする時のスケッチツールに使おう!といっているので、もともとそれほど厳密な文法は求めていないのだが、明らかに文法や語彙を間違えるとコミュニケーションそのものが成り立たない。

UMLは、モデル検査との組み合わせや、モデル駆動開発の組み合わせで、利用機会が拡がっている。開発チーム内でのコミュニケーションのツールとして、上手に使っていきたい。

★WOZ★

UML モデリングのエッセンス 第3版 (Object Oriented SELECTION) Book UML モデリングのエッセンス 第3版 (Object Oriented SELECTION)

著者:マーチン・ファウラー
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)