教育

OJTの前に教育が必要だ

ソフトウェアエンジニアの育て方について、人と話をする機会がよくある。

ある開発プロセス・アセスメントの専門家は、師弟制度が良いという。

実際、大学であれ企業であれ、研究所は師弟制度が徹底しているところが多い。

研究所では、研究テーマ自体が、先輩から後輩に引き継がれていくので、知識や技術の伝承がやりやすく、教育が自然とできてしまう。

問題は研究所以外にいる圧倒的多数のソフトウェアエンジニアだ。

そのアセスメントの専門家が言うには、ろくな教育もないまま、OJT(On-the-Job Training)と称して、単に人足として開発に投入し、若いソフトウェアエンジニア達を消費している企業が多いという。

その結果、要求分析のやり方がわからないとか、テストで何をしたら良いのかわからないという中堅のソフトウェアエンジニアは意外に多いそうだ。

で、そんな中堅のソフトウェアエンジニアは、わからないことがあっても「いまさら聞くに聞けない」年代になってしまっているので、ずっとそのままになってしまうことが多いという。

自己責任といってしまえば、確かにそういう側面もあるのだが、一方できちんとした教育も受けさせないまま、即戦力として使ってしまう側にも、責任がないとは言えないだろう。

★WOZ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)