ソフトウェア見積り

ソフトウェア開発を見積もってみよう

ソフトウェア開発プロジェクトを始めるにあたり、費用や規模や工数を、最初に正しく見積もるにはどうすれば良いのかという相談を受けることがある。

相談をする人は、最初から正しく見積もる手法があるという前提で、その答えを求めているのだが、実際には最初から正確に見積もることはできない。不確定要素が多いのだ。

それでも開発を始める前に、大雑把に見積もることはできる。そして、少し開発をやってみて、見積りに必要な情報が集まってきたら、その時点で再度見積もる。

そしてまた、少し開発を進めてみて、さらに情報が集まってきた時点で、もう一度見積りを見直す。

これを繰り返していくうちに、見積り精度はどんどん上がってくるものだ。

スティーブ・マコネルの「ソフトウェア見積り」は、こういう見積りの実践的なやり方をわかりやすく説明している一冊だ。

邦訳が出ているが、できれば原書で読むことをおすすめする。

★WOZ★

ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす Book ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす

著者:久手堅 憲之,スティーブ マコネル
販売元:日経BPソフトプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Software Estimation: Demystifying the Black Art (Best Practices (Microsoft)) Book Software Estimation: Demystifying the Black Art (Best Practices (Microsoft))

著者:Steve McConnell
販売元:Microsoft Press
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)