日記・コラム・つぶやき

スティーブ・ジョブズのために

スティーブ・ジョブズさんの訃報を知ったときの喪失感と脱力感は大きかった。
彼はソフトウェアが世界を変えていけることを実際に見せてくれた。

彼の作品と教えは、これからも私の大切な財産でありつづけるでしょう。

ご冥福をお祈りします。

さて、先日発表されたiPhone4Sはハードウェアスペックこそ前バージョンのマイナーチェンジだったが、ソフトウェアには大きな前進があった。

それは音声対話システムを誰にでも使えるものにしたことだ。

音声対話の一般化は、おそらく、コンピュータを誰にでも使えるものに変えてきたアップルの、次の大きなマイルストーンなのだろう。

iPhone4Sに実装されたSiriという音声対話システムは、天気予報、レストラン予約、スケジュール、メールなど、我々の生活を便利にする手助けをしてくれるという。

しかも、公開されているデモ映像をみると、自然な対話が実現されているようだ。

実は今回のSiriと同様のシステムは十数年前に触ったことがある。
それは、当時マサチューセッツ工科大学(MIT)で言語研究の成果として開発されていたGalaxyという音声対話システムだ。

Galaxyは、天気予報、レストラン予約、航空チケット予約のサービスを実装していたと記憶している。

当時のPCは、音声認識、音声合成、対話、GUI、データベース検索の統合システムを実装するには処理能力が低く、GalaxyはSunのワークステーションで動いていた。

Galaxyのサービスにアクセスするには電話を経由していたのだが、今にして思えば、今日のスマートフォンの実現とその一般への普及を、当時の研究者と開発者は想定していたのだろう。

そしてアップルも20数年前にSiriの登場を目指し、そこに至るまでの計画を立て、一歩一歩前進してきたのだとしたら、なんと壮大で素晴らしいことか。

残念ながらSiriは日本語には今のところ対応していないという。
やはり、Galaxyでも日本語の文法と語彙のデータを作成し、音声を除く対話までは実現しつつあったようだ。

英語圏が優先、日本語を含むローカル圏は後回しというのは、いつも感じており、おそらく実際にそうなのだと思う。

日本の経済成長が鈍り、弱体化が明らかになるにつれ、この傾向は顕著になるだろう。

しかし、その傾向を黙って受け入れ、世界で使われているソフトウェアやサービスにすばやくキャッチアップしていく努力を続けなければ、経済的な復活もありえないと思う。

しかし、常に内向きで、内部での権力闘争と保身にばかり頭を使っている、昔ながらの政治家や官僚、大企業が、そんな努力が必要だと気付くことはないかもしれない。

幸い、日本にはまだ起業しようという気概のある人々がたくさんいる。
そして、昔ながらの古い組織にも、世界が見えている人々は多いだろう。

私も、そんな人々とともに戦いたいと思う。

ジョブズ逝去の日は、私にそんな思いを再確認させてくれた一日になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社で出世というと管理職への昇進なのか?

ひろゆき氏の「出世するには」という記事が話題になっているという。

JーCAST会社ウォッチの記事によると、ひろゆき氏の言う出世術は、

1. やりたい人にやらせておいて、自分は何もしない。
2. 成功したら、自分は評価していたと喧伝する。
3. 失敗したら、相手を責める。相手が落ちることで、自分の地位が相対的にあがる。

の3つだそうだ。

これらに、次の3つを追加すればどうだろう?

日本の会社の管理職らしくなってきたのではないだろうか?

4. 敵をつくらない。
5. 問題を先送りする。
6. 上司より長時間会社にいる。

3と4は矛盾するが、どちらかといえば3を消して4を残したい。

あらためて3つ選ぶとすれば、1、2、4が良さそうだ。

それと、6は大前提かもしれない。

どう?

これらを何十年もの間、続けるのは難しそうでしょう?

しかも、一度管理職コースに乗ると、会社を辞めるか、病気になるか、死ぬかしないと下りられないと聞く。

そんなゲームは面白いのだろうか?

やっぱり管理職は大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気づきドリブン

このブログにコメントを寄せていただいた方のブログを訪問した。

  • こんなことは知らなかった
  • こんな見方もあるのか

という気づきがあり、大変勉強になった。

”気づき”といえば、先日、久しぶりに友達とご飯を食べた時に、その友達が”気づきドリブンのススメ”という言葉で、新しいことや、知らなかったことに気づくことの重要性を力説していたのを思い出す。
”ドリブン”は、テストドリブン(テスト駆動、test driven)やイベントドリブン(event driven)のドリブンだ。

友達の定義によると、「気づくことにより、新しいものを生み出す力が産まれる」ということらしい。

いろいろなことに興味をもち、少しでもたくさんのことに気づいていきたいと思う。

★WOZ★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)