« 古い会社にありがちな弊害 | トップページ

FPGAとソフトウェアの親近感

最近、FPGAの開発を調べてみて思ったのは、

FPGAの開発は意外にソフトウェア開発と近いのかもしれないということだ。


FPGAの開発チームが担当する仕事は基本的に、

①要求分析
②設計
③RTLコーディング
④シミュレーション
⑤実機検証

の5つのプロセスだ。

これでFPGAのチップが出来上がる。

この後、FPGAのチップをカードに実装して、

システムのテストチームがカードの妥当性確認テストをする。

カードの妥当性確認テストのうち、FPGA部分はFPGAの開発チームがテスト仕様を作る。

上記④と⑤が、FPGA開発チームが行うテストだが、

FPGA開発チームはテストというよりも設計/開発の一環として、それらを捉えているようだ。

FPGA開発チームがテストとして力をいれて仕様を作るのは、それらではなく、システムテストチームに渡す妥当性確認テストだという。

FPGA開発チームにとっては、シミュレーションはソフトウェアエンジニアにとっての単体テストのようなもので、実機検証はチップのスモークテストのようなものなのだろう。

FPGAというハードウェアの開発とソフトウェアの開発が意外によく似ていたのは、ちょっとした驚きだ。


それならというので、FPGA開発の構成管理や開発プロセスモデル、アセスメントや監査手法にもソフトウェアのそれらが流用できるのだろうか?というのが最近の興味の対象だ。


|

« 古い会社にありがちな弊害 | トップページ

デジタル回路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/45337491

この記事へのトラックバック一覧です: FPGAとソフトウェアの親近感:

« 古い会社にありがちな弊害 | トップページ