« Ubuntu11.10でClozure CLを使うときの注意事項 | トップページ | Ubuntu11.10でWebカメラを使う方法 »

改行コードの変換 WindowsからUbuntuへ

備忘録。

Windows用のPythonプログラムをUbuntuに持ってくる時に注意するのは次の2点。

(1)文字コード
(2)改行コード

(1)は、WindowsでUTF-8にしている場合は問題なし。
(2)は、Windowsの改行コードがCR+LFで、UbuntuがLFなので変換する必要がある。

変換にはnkfを使う。nkfはUbuntuに標準では入っていないので、

sudo apt-get  install nkf

でインストールする。

改行コードの変換は、例えば変換前のWindows用のファイルがsrc.pyで、変換後のファイルがdst.pyだとすると、次のように行う。

nkf -Lu src.py > dst.py

|

« Ubuntu11.10でClozure CLを使うときの注意事項 | トップページ | Ubuntu11.10でWebカメラを使う方法 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/42865979

この記事へのトラックバック一覧です: 改行コードの変換 WindowsからUbuntuへ:

« Ubuntu11.10でClozure CLを使うときの注意事項 | トップページ | Ubuntu11.10でWebカメラを使う方法 »