« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

Chromebook発売に思うこと

いよいよ来月、ChromeOS搭載PCが発売される。

日本での発売は未発表だが、そう遠くない時期に発売されるだろう。

もし何かの事情でChromebookとしては発売されないとしても、既存のPCにChromeOSをインストールして使う動きは加速するに違いない。

なぜなら、インターネットを主に使う人々にとって、ChromeOSは、既存のWindowsをちょっと良くしたレベルのOSではなく、すごく良いものだからだ。

それはちょうど、iPadが、既存のWindowsがインストールされたタブレットPCをちょっと良くしたものではなくて、すごく良くしたものだったのと同じだ。

だからこそ、iPadはヒットしたし、ChromeOSはWindowsと置き換わっていくだろう。

すぐに、組み込みはAndroid、汎用PCはChromeOSという世界になると思う。

それを、センサやアクチュエータをコントロールするArduinoやmbedが支える。こちらのほうはTRONの仲間を、組み込みシステムの世界から追い出すかもしれない。

この動きは、ハードウェアからソフトウェアへと、世界の中心が移っていく様子に見える。

2011年の今は、まだ、ハードウェアに合わせてソフトウェアを作っているけれど、ソフトウェアに合わせてハードウェアを作る時代がすぐそこまで来ているに違いない。

Googleは世界のルールを次々に変えることで、自身に収益をもたらすというビジネスモデルで稼いでいるが、ハードウェア中心の世界からソフトウェア中心の世界への変更も、その一環だ。

Chromebook発売のニュースを聞いて、そんなことを考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社で出世というと管理職への昇進なのか?

ひろゆき氏の「出世するには」という記事が話題になっているという。

JーCAST会社ウォッチの記事によると、ひろゆき氏の言う出世術は、

1. やりたい人にやらせておいて、自分は何もしない。
2. 成功したら、自分は評価していたと喧伝する。
3. 失敗したら、相手を責める。相手が落ちることで、自分の地位が相対的にあがる。

の3つだそうだ。

これらに、次の3つを追加すればどうだろう?

日本の会社の管理職らしくなってきたのではないだろうか?

4. 敵をつくらない。
5. 問題を先送りする。
6. 上司より長時間会社にいる。

3と4は矛盾するが、どちらかといえば3を消して4を残したい。

あらためて3つ選ぶとすれば、1、2、4が良さそうだ。

それと、6は大前提かもしれない。

どう?

これらを何十年もの間、続けるのは難しそうでしょう?

しかも、一度管理職コースに乗ると、会社を辞めるか、病気になるか、死ぬかしないと下りられないと聞く。

そんなゲームは面白いのだろうか?

やっぱり管理職は大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pythonでバイト列をUDPで送信する方法

組込み機器をLAN経由でコントロールする場合、バイト列をUDPで送信することがある。

そんなシステムのプロトタイプも、Pythonなら簡単に作ることができる。

例えば、2バイトのデータをUDPでサーバに送信するPythonのコードは次のようなものだ。

import socket
import struct

host = '192.168.0.100'
port = 8000

sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM)

sock.sendto(struct.pack('>H', 0), (host, port))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »