« LTspiceをUbuntuで動かしてみた | トップページ | エクセルで、あるシートから別のシート上のある範囲を参照する操作 »

PuppyLinuxはとても軽快なOSだ。

NECのLavie LL550Gの動作が非常に遅くなってしまった。
このマシンは2006年の夏モデルなので、使い始めて今年で5年目だ。
これまでにもWindowsを何度か再インストールしたのだが、最近はIEを起動してから使えるようになるまでに、起動したのを忘れてしまうほど、時間がかかるようになっている。
Windowsの「経年劣化」は相変わらずだ。

もう一度Windowsをインストールするのもつまらないので、古いマシンでも軽々動くと評判のPuppyLinuxをインストールしてみることにした。

使ったのはPuppyLinuxの日本語最新版である4.3.1JPだ。

まずは、CDブートで試してみた。
素直に起動して、無線LANも問題なくつながる。無線LANの親機はAterm WR8700Nだ。

このままでも良いのだが、起動時にいちいちCD-ROMをセットしなおすのが面倒なので、ハードディスクにインストールすることにした。

PuppyLinuxをインストールした後で、GRUBの設定ファイルを書き換えて、インストールは完了だ。

OSの起動、終了は非常に速く、ブラウザその他のアプリケーションもサクサク動く。標準でOpenOfficeも入っているので、ちょっとした文書作りもできる。
なるほど、評判通りの優れものだ。

PuppyLinuxは、ハードディスクにインストールしなくても、CDブートで軽快に使えるので、パソコンに詳しくない人にもおすすめのOSだ。

【Lavie LL550Gのスペック】
CPU:モバイル AMD Sempron(TM) プロセッサ 3200+
メモリ:512MB
HDD:80GB
ディスプレー:15.4型ワイド
 高輝度・低反射TFTカラー液晶(スーパーシャインビュー液晶)
 [WXGA(最大1,280×800ドット表示)]

|

« LTspiceをUbuntuで動かしてみた | トップページ | エクセルで、あるシートから別のシート上のある範囲を参照する操作 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/36576667

この記事へのトラックバック一覧です: PuppyLinuxはとても軽快なOSだ。:

« LTspiceをUbuntuで動かしてみた | トップページ | エクセルで、あるシートから別のシート上のある範囲を参照する操作 »