« Windows7に仮想シリアルドライバcom0comをインストールする | トップページ | 構成管理のリスクを小さくする »

PythonとPySerialでシリアル通信アプリケーションを作れる

Windows7上に作ったシリアル通信のテスト環境で、Pythonによるシリアル通信を試してみた。今回使ったはPySerial2.5とPython2.6だ。

PythonアプリケーションとTeraTermとの間で読み書きできることを確認できた。

以下は、COM20とCOM21を仮想接続した状態で、TeraTermでCOM20に接続し、PythonアプリケーションでCOM21に接続する場合だ。

(1)COM21に接続して"hello"を入力してポートを閉じる

>>> import serial
>>> ser = serial.Serial(20)
>>> print ser.portstr      
>>> ser.write("hello")    
>>> ser.close()            

するとTeraTermに"hello"が表示される。

(2)COM21に接続してTeraTermからの入力を待つ

>>> ser = serial.Serial(21 )
>>> s = ser.read(5)       
>>> ser.close()

TeraTermで"hello"と入力すると、sに"hello"がバインドされる。
----------
PythonとPySerialの組み合わせで、このように非常にお手軽にシリアル通信を実現できる。

ところで、残念ながらPython3.1ではPySerialのimportが失敗するが、64bit-Windows7だけの問題かもしれない。またLinuxで試してみるつもりだ。

★WOZ★

|

« Windows7に仮想シリアルドライバcom0comをインストールする | トップページ | 構成管理のリスクを小さくする »

Python」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PythonとPySerialでシリアル通信アプリケーションを作れる:

« Windows7に仮想シリアルドライバcom0comをインストールする | トップページ | 構成管理のリスクを小さくする »