« PythonとPySerialでシリアル通信アプリケーションを作れる | トップページ | ソフトウェア開発における品質と納期の優先順位 »

構成管理のリスクを小さくする

Subversionのログを見ていると、問題が起こりそうな開発チームがすぐわかる。

例えば、ある人があるファイルをチェックアウトして、その人がそのファイルをコミットする前に、別の人がそのファイルをチェックアウトしていれば、そのファイルには上書きのリスクが発生しているという具合だ。

これなどは、あるファイルを触れるのは特定の人だけ、という規則を作ってしまえば容易に回避できるリスクなのだが、実際の開発ではそうできないと考えている開発チームが多い。

ただでさえソフトウェア開発にはたくさんのリスクがあるのだから、簡単に回避できる方法があれば、これまでと違った方法であったとしても、真っ先に適用したいものだ。

★WOZ★

|

« PythonとPySerialでシリアル通信アプリケーションを作れる | トップページ | ソフトウェア開発における品質と納期の優先順位 »

構成管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/33690555

この記事へのトラックバック一覧です: 構成管理のリスクを小さくする:

« PythonとPySerialでシリアル通信アプリケーションを作れる | トップページ | ソフトウェア開発における品質と納期の優先順位 »