« ソフトウェアのチカラ(1) | トップページ | 失敗の兆候に気づいて、失敗を予防したい »

エクセルに限界を感じたら、データベースを活用しよう

システムやソフトウェア関連の仕事をしている部門を見ていると、各種データを管理するのに、何故かデータベースではなくエクセルを使っている場合が多い。

そして、あるシートの幅が大きくなってモニター画面に収まりにくくなったら、収まらない部分だけを新しいシートに移す。

ここまで書いていて、その考え方はおかしいと思うのだが、さらに、

シートの追加を繰り返すうちに、同じような内容のシートがどんどん増えていき、周りの人はもちろん、作っている本人でさえも、それぞれのシートの役割がわからなくなってしまい、遅かれ早かれこのやり方でのデータ管理が破綻してしまう。

何故データベースを使わないのか?

  • データベースの存在を知らない
  • データベースを使えない
  • マイクロソフトやエクセルが好きだ
  • 仕事を非効率なままにしておきたい
  • 早く帰りたくない
  • 会社の仕事を破綻させたい

など、

理由は色々あるだろうが、データベースのほうがデータ管理も加工も簡単だ。

今ならオラクルも無料で使えるし、MySQLはもともと無料だ。

仕事を楽にするために、便利に使えるものはどんどん使っていきたい。

★WOZ★

|

« ソフトウェアのチカラ(1) | トップページ | 失敗の兆候に気づいて、失敗を予防したい »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/33889276

この記事へのトラックバック一覧です: エクセルに限界を感じたら、データベースを活用しよう:

« ソフトウェアのチカラ(1) | トップページ | 失敗の兆候に気づいて、失敗を予防したい »