« 構成管理のリスクを小さくする | トップページ | 構成管理のリスク »

ソフトウェア開発における品質と納期の優先順位

物事には優先順位があるものだが、それはソフトウェア開発でも同じだ。

よく引き合いに出されるのが、”品質”と”納期”のどちらを優先させるかという問題だが、企業のソフトウェア開発では、ほとんどの場合に納期が優先される。

それは次のような理由からだろう。

”品質”に問題がある場合、実際に客先で不具合が起こるまでは、それはリスクのままだ。もしかしたら、バグがあるソースコードが実行されることがないかもしれない。その場合は不具合は起こらない。

一方、”納期”は一日でも遅れると誰の目にも明らかな問題になる。

そのため、納期が品質より優先される。

そして、納期に間に合わなそうになると、

  • 設計書を作らない
  • レビューをしない
  • テストをしない

ということが、納期遵守という旗印の下に、平気で行われる。

これらはいずれも、最低限の品質を確保するのに必要なものだが、納期が優先されているので省略される。

こんな省略をするのは、リリースしてから不具合が発生して騒動になるリスクを大きくしているだけなのだが、リリース前はとにかく納期に間に合わせるのが最優先なので、本来必要なことが省略される。

この状態の危険性は、開発プロセスとして本来やるべきことを知っていれば明らかなのだが、まだ開発プロセスがそれほど普及していないので、危険を前にしても、実は危険に気づいていないというのが実状なのだろう。

★WOZ★

CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて Book CMMI基本と実践-プロジェクトが変わるプロセス改善のすべて

著者:アクセンチュア
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 構成管理のリスクを小さくする | トップページ | 構成管理のリスク »

ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/33717963

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェア開発における品質と納期の優先順位:

« 構成管理のリスクを小さくする | トップページ | 構成管理のリスク »