« テスト駆動開発 | トップページ | 画像編集ソフトウェアGIMPでミニチュア写真を作ってみた »

動くソフトウェア至上主義

モデリングを十分に行い、開発チーム内で基本設計を共有できたら、詳細設計フェーズをとばして、コーディングを開始する。少人数の開発チームなら、 こんな開発プロセスでも良いと思う。

なにしろ、ソースコードは最も正確な詳細設計書なのだから、それをわざわざ不正確であいまいな表現になりがちな自然言語を使って、詳細設計書として書き直す必要はないだろう。

詳細設計書が必要な理由としてよく聞くのが、

  • みんながソースコードを読めるわけではないので詳細設計書が必要
  • ソースコードが汚いので詳細設計書が必要

というものがあるが、いずれも的外れだ。

ソースコードが読めないということは一般生活では言葉が喋れないのと同じだし、汚くて読めないようなソースコードはレビュー不足だ。いずれも詳細設計書が必要な理由にはならない。

それに、いくら立派な詳細設計書をつくっても、動くソフトウェアがなければ何の意味もない。ソフトウェアは動いてなんぼだ。詳細設計書の作成に時間を使うのなら、ソフトウェアを動かすために使いたい。

そして、ここが重要なのだが、ソフトウェア開発では、動くソフトウェアをいかに早く作るかが最も大切だ。そのためには、不要なものは思い切って省略することも必要だ。

★WOZ★

|

« テスト駆動開発 | トップページ | 画像編集ソフトウェアGIMPでミニチュア写真を作ってみた »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/32844260

この記事へのトラックバック一覧です: 動くソフトウェア至上主義:

« テスト駆動開発 | トップページ | 画像編集ソフトウェアGIMPでミニチュア写真を作ってみた »