« 動くソフトウェア至上主義 | トップページ | Linuxでのカバレッジテスト »

画像編集ソフトウェアGIMPでミニチュア写真を作ってみた

世間では風景写真をミニチュアのように撮影するのが流行っており、専用の撮影モードを備えたデジカメまであるという。

調べたところ、ぼかし、コントラスト、彩度を調整すれば普通の写真をミニチュア写真のように加工できるというので、実際にソフトウェアでどこまでできるのかを試してみた。下の2枚がその写真だ。

今回、ミニチュア写真を作るのに使ったのはGIMPというソフトウェアだ。

GIMPは高機能な画像編集ソフトウェアだが、フリーソフトウェアなので無料で使える。海外のソフトウェアだが、日本語の情報サイトも多い。

Wikipediaにも紹介文がある。

また、こことかここで使い方を説明している。

僕が使っているUbuntu9.04や9.10には標準でインストールされているが、Windows用もあるので、画像編集に興味のある方は是非使ってみてほしい。

★WOZ★

P1000335mini320x240

P1000153320x240

|

« 動くソフトウェア至上主義 | トップページ | Linuxでのカバレッジテスト »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/32851426

この記事へのトラックバック一覧です: 画像編集ソフトウェアGIMPでミニチュア写真を作ってみた:

« 動くソフトウェア至上主義 | トップページ | Linuxでのカバレッジテスト »