« ソフトウェアにもハードウェアにも開発プロセスは必要だ | トップページ | ソフトウェア開発リーダのリスク管理 »

UbuntuでSambaサーバのディレクトリをマウントする方法

以下は、UbuntuからSambaサーバ(io-data製のLANDISKなどのNAS)を使う場合の方法だ。

Ubuntu9.04と9.10にはsmbfsが標準で入っていないので、Sambaサーバのディレクトリをマウントする場合には、下のコマンドを実行して、smbfsをインストールする必要がある。

sudo apt-get install smbfs

その後、/mnt にマウントポイントにするディレクトリ(下の場合はlandisk)を作り、下のようなコマンドを実行する。この例では、Sambaサーバの/public/ ディレクトリを、ローカルマシンの/mnt/landiskにマウントしようとしている。

sudo mount -t cifs //サーバのIPアドレス/public /mnt/landisk -o lfs,codepage=cp932,iocharset=utf8,uid=ユーザ名,guest

これでSambaサーバのディレクトリをマウントできる。

★WOZ★

|

« ソフトウェアにもハードウェアにも開発プロセスは必要だ | トップページ | ソフトウェア開発リーダのリスク管理 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286769/32759496

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuでSambaサーバのディレクトリをマウントする方法:

« ソフトウェアにもハードウェアにも開発プロセスは必要だ | トップページ | ソフトウェア開発リーダのリスク管理 »